出願番号

特許出願平11−290009

公開番号

特許公開2001−70952

出願人

有限会社情報科学研究所

発明の名称

水の水溶性燐酸吸着除去資材と水系の燐酸除去技術

出願日

1999年9月2日

公開日

2001年3月21日

発明者

上村 親士

要約

(修正有)
【課題】排水の水溶性燐酸の除去を排水前または河川等への排水口の段階で低コストで効率良く、安全な方法で長期にわたって継続的に行い、また湖沼等閉鎖水系の燐酸を除去し、青藻等の異常発生の防止を行うための水溶性燐酸吸着除去ろ過資材を提供する。
【解決手段】腐植質火山灰土壌をベースに酸及アルカリ土類金属で各々処理し、加工した素材を組み合わせて製造する水溶性燐酸の吸収除去資材。腐植質火山灰土壌のpHを稀流酸等の希薄な酸でpH1〜6.5に調整処理加工した燐酸吸収剤に基づく、酸性燐酸除去ろ過資材。腐植質火山灰土壌のpHを水酸化カルシウム、炭酸カルシウム等でpH6.5〜11に調整処理した塩基性燐酸除去ろ過資材。

©有限会社情報科学研究所