出願番号

特許出願2001−106493

公開番号

特許公開2002−260200

出願人

有限会社情報科学研究所

発明の名称

航空立体表示ナビゲーションシステム

出願日

2001年2月27日

公開日

2002年9月13日

発明者

上村 親士

要約

(修正有)
【課題】航空航路において背景となる地形・海洋に対する自己搭乗機の位置、高度等、基本になる条件を色彩の変化によって立体的に表示する。これにより操縦士と管制官の負担を軽減し、情報の見落とし、判断の誤謬防止等が大幅に図られる。
【解決手段】本発明は航空航路立体表示、航空航路環境解析、航空機情報等のシステムの組み合わせにより航空立体表示ナビゲーションシステムを組み立てる。航空航路立体表示システムは航路立体表示、航路帯表示、航跡表示を、航空航路環境解析システムは航空地図立体表示、航路環境情報、エリア表示・ズーム、接近中の航空機認識表示を、航空機情報システムは航空機識別表示、航空機位置立体表示、搭乗機情報、航空機マーク表示変換、航路地点到達時間及び他航空機との遭遇時間予測、緊急管制情報の諸システムを含む。いずれも航空機の移動に伴って色彩を高度と比例的に漸変させる。。

©有限会社情報科学研究所