出願番号

特許出願2001−402855

公開番号

特許公開2003−180196

出願人

有限会社情報科学研究所

発明の名称

高Eh水供給による水系の生物棲息活性化技術並びに高Eh水供給装置

出願日

2001年12月18日

公開日

2003年7月2日

発明者

上村 親士

要約

(修正有)
【課題】 海洋沿岸海底、湖沼底で酸素欠乏を起す水域が拡大に対し水底での酸素欠乏を次第に解消し、生物の棲息環境を改善する。また、栽培漁業の養殖いけす内の養殖環境を清潔にし、魚の健康状態と多頭養殖の可能性を高め、経済効果を向上させる。
【解決手段】 1.海洋・湖沼水へ酸素等酸化ガスの完全溶解による高いEh値とカルパー等高酸化物の溶解・懸濁を可能とし、経済的にも長期的に継続可能な高Eh水を供給する。2.水中深層で高Eh水を効率的に拡散させる水道を組み合わせ、水底に水流を喚起すると同時に、底水流の拡散により広域の酸素欠乏水系へ高Eh水を連続的に供給する。

©有限会社情報科学研究所