出願番号

特許出願2003−158698

公開番号

特許公開2004−344859

出願人

有限会社情報科学研究所

発明の名称

水素ガス及び酸素ガスの減圧・加圧溶解方式のコロイド溶液による自動酸化・還元処理システム

出願日

2003年4月28日

公開日

2004年12月9日

発明者

上村 親士

要約

【目的】水素及び酸素の気液コロイドによる酸化還元処理技術を提供する。
本技術はは処理時間が短く、強い酸化作用、還元作用が得られ、長時間安定的に作用するので、処理の片寄りやむらもないので、例えば鉄錆の除去が簡単である等の効果を有する。
それで鉄鋼、造船、自動車、セラミック、セメント、食品、環境、医療、海洋等の広い分野で、酸化処理を必要とする分野では酸化コロイドを還元処理を必要とする分野では還元コロイドを最大毎分6トンもの大量の処理液を供給することを目的としている。
【構成】1 減圧調整弁を有する減圧撹拌槽
2 水流ポンプによる高速撹拌槽
3 加圧調整弁を有する加圧撹拌槽
4 ディジタル水流々量計
5 酸素・水素ガスフロー流量計
6 水流感知センサー
7 シークエンサーまたはリレー
8 ガス供給断続切り換え装置
9 ガスボンベとガス圧調整系
10 ガスろ過装置と供給系

©有限会社情報科学研究所