出願番号

特許出願2009−143723

公開番号

特許公開2010−270581

出願人

有限会社情報科学研究所

発明の名称

アラウンドスライド盤と免震スライダーボックス

出願日

2009年5月25日

公開日

2010年12月2日

発明者

上村 親士 外1名

要約

(修正有)
【課題】建造物の建設時に地震に対する免震機能が高く、設置が極めて容易な建設資材として免震スライドボックスを提供する。
【解決手段】建造物の基礎を作り、その中に設置固定される免震スライドボックスの建造物脚挿入部12に建造物の脚を固定し、各脚がそれぞれ独立懸架になっていて、地震の縦揺れによる振動を軽減するクッション装置11と横揺れに振動を多数の小球体の回転に基づいて免震スライダープレート13をスライドさせ、上部建造物へ伝えない構造。免振スライドボックス上部には上部を保護する方形のリング状に重ね合わす重複蓋27と重複蓋27と接合してスライドボックス内を気密に保つ膜構造物28を設置する。

©有限会社情報科学研究所